« カンニングはお見通し。 | トップページ | 速いテンポで授業をやる。 »

2004.05.05

受験国語の効用。

 受験国語をバカにする人は相変わらず多いのですが、短い文章で多岐にわたるジャンルや作家を拾い読みできるという点で評価できるものだと思います。よく、「読書をすれば国語は伸びる」と言いますが、惰性でやる読書はどうしても頭に入らない。かといって、興味のあるものや読みやすいものだけに甘えていても力はつきにくい。「連ドラ読書法」などを使うにしても、取り組んでくれる教師に当たらないと難しいのが現状です。

 だから私はあえて「読書より、読解問題を多くやれ」と言います。解こうとして読むことで、ぼんやりする読書より頭に入るから。誰が好き好んで環境問題や日本語の乱れについての文章を読むものか(笑)。問題の形式で読まされてこそ、身につくのです

 また、受験の能力の中には集中力や記憶力もありますが「事務処理能力」も入っていると思います。与えられた課題を効率良く優先順位を決めて早く正確に処理する能力。読解ができても記述力があっても、正解を解答用紙にきれいに早く書かねばならないし、ペース配分だって大事なんです。

 この部分を鍛えずにちんたら読書や音読、作文をやっていても、受験では勝てない。残念ながら。学校でも無く、作文教室でもなく、進学塾の現場に8年いて言ってるのだから大きく間違ってはいないと思います。(色んなセオリーがあって子供との相性があるのは事実ですし、「国語力」に対するそれぞれのアプローチは効果のあるものだと思います。全否定する気はありません)

 与えられた問題をその場で読んで適切な処理をする能力。読解・思考・記述・記憶・集中・事務処理能力の全てをフルに使って高得点を取る。これを詰め込み教育というのであれば、世の中の全てのスピードを落として欲しい。入試問題は時間無制限で思考力と記述力、読解力を見るためだけに解かせればいい。でもそれでは「学校」の中で渡っていきにくい。

 足並みを揃えるというのは教師のやりやすさから言っても重要です。学校側の本音では、一定の足並みで歩ける子が欲しい。その上で個性を伸ばすのが理想です。足並みを揃えるために「ここまでできなきゃダメ、授業ついてこれないよ」と選別するのが入試です。どれほどキレイ事を言ったって。

 ただ「受験国語」は、上手に教えれば社会人になっても役立つノウハウと知識や思考力が身につきます。環境問題や平和に関する文章の時などに、子供の心に何か残せる授業をすることは決して不可能ではありません。そういう意味で、塾でやる国語も「教育」だと自負しています。

|

« カンニングはお見通し。 | トップページ | 速いテンポで授業をやる。 »

コメント

おはようございます。
ちょっとまえに高2の子に「国語さえ点が取れれば!」と言われたので「じゃあ、○○(←定番としては「システムなんちゃら。。。がありますが、それ以前の問題かなと思ったので、同じ著者の高校入試用の問題集を勧めてしまいました(--;;;)やれば?!」といいましたところ、「読書してるんだよね」と・・・

「こういうのもなんだけど・・・いまさら、読書してもちょっと間に合わないんじゃないの。それから、小説ばっか読んでても意味ないから・・・」

「え”っ(@-@)」

こんなやりとりがあったあとだったので、くろねこさんのこのお話に「まちがったこといってなかった、よかった、ほっ(ヲイ」なんて思っておりました。

私も専門でないので(と逃げるのもどうかと思いますが)「○○の。。。」シリーズが本当によいのかどうかも定かではないのですが、とりあえず、この方の書いた別の本(どちらかというとエッセイ本に近いような?それともハウツー物<最近聞かない言葉です>というのかも)にはほほうとおもったこと、ほかにどういうのがいいのかわからないことから自分の子供には「ゼロ」から与えているのですが、実際のところどうなんでしょう?(って聞くこと自体がご迷惑ですよね、HP上で。すみませぬ(汗))

私自身がどちらかというと、ほんのムシと呼ばれていた(過去形)のに、国語(特に現代文)はちっともできなかったので、読書が有効とは思えないのです・・・(とはいえ、うちの子達のように全然読まないのは論外だとおもっておりますが)。

投稿: serena | 2004.05.07 10:52

 読書はムダではないんですが、受験国語で点を取りたいのならば読書を読解問題でこなすという発想もありますよ、というのが私の意見です。

 読書はしてほしいですね。本当は。私が小中学生の時には氷室冴子と赤川次郎が全盛で、とりあえずそんな軽いものでも漫画より先に「本」を読むことは何らかの財産になってると思います。そこから深みに入るかどうかの違いですね。

 ただ「ブラックジャックによろしく」なんて読むとマンガも絶対に侮れない(実はかなり漫画好きなので)とも思います。映画もそうなんですが「感情を揺さぶられる」機会は国語力を超えて必要なので、あればあるほどいいですね。

投稿: とと | 2004.05.10 03:35

すみません、読書に意味なし、、、という意味ではなかったのです。あくまでも国語の点をあげるために読書してる、という彼に対しての「意味なし」でして・・・。
ただ、この子、英語の読解問題で和訳させるととてもきれいな日本語を書きます。英文和訳の場合あまりに日本語として自然すぎると「ほんまに構文理解して書いたんかいな?」と怪しんだりもするのですが、彼の場合、構文を把握した上できれいな文がかけるんです。だから、国語が苦手というのがどうにも解せません。


うちの子達は前コメントで書きましたように、本を読まない子達です。「読みなさい」といってやってくれることでもないので、言わなくても本が好き、って子が親としてうらやましいです。小さいころは読み聞かせもたんまりしたし、何がいけなかったのかさっぱりわかりません(T-T)。

『ブラックジャックによろしく』は我が家にも単行本(というのかな?でているだけ)全部あります(^^;;;。

投稿: serena | 2004.05.10 13:35

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受験国語の効用。:

« カンニングはお見通し。 | トップページ | 速いテンポで授業をやる。 »