« 読書好き・小説家になりたかった女の子。 | トップページ | 国語読解問題・線引きのツボ(3)~小説編 »

2004.06.06

塾校長の一日。

 重いネタが続いたので、ちょっとここで塾の舞台裏みたいなものを書いてみようと思います。「線引きのツボ~小説編」はそのうち…。

 私は中堅の進学塾で雇われ校長でした。25の時に入社3年目で大阪に近い京都府のある場所で校長に。3年間同じ校にいました。ハッキリ言って、大手の塾で本部から教師を派遣しない仕組みの校舎では「塾の質は校長次第」です。本部の目も届きにくいですし、受験知識や就労意欲もまちまちですからよくも悪くもやりたい放題。えーっと、私は「生徒にとっては良い」方だったと自負しています(笑)。「子どもが嫌い」と豪語する校長や、売り上げ命で生徒を自習させて営業電話をかけている校長なんかもいて、本当に塾の看板だけでは図りきれないものがあります。

 それはそうと、塾の校長に限らず社員は「朝が苦手」です。出勤は昼からなので、たまにしょうもない会議で朝の10時集合、なんて言われると普通の会社員には何ともない時間でも、塾の先生の間ではため息が漏れる(笑)。夏休み講習の初日なんて、寝坊しないかどうか毎年ビビっていました。

 会議が無ければ、大体1時や2時出勤なので昼から出かけます。私は校舎の近くに住む主義だったので原チャで5分。着くと、社員と事務パートさんを含めたミーティングをします。私の校には男性社員が2人と常勤講師が1人、事務パートさんが1人。後は夕方から来る学生や社会人の先生です。

 ミーティングは生徒情報の交換が中心。とにかく「退塾」は担任の責任でもあるし、辞めた子から悪評が広まるといけないので、できるだけ早く兆候を掴んで対策を取らねばなりません。最近友人関係が変わったようだとか、やる気が無くなっているなど情報交換をします(その経験があったから、たった1学年1クラスの中で起こった佐世保の事件の予兆がわからなかったことに驚きます)。

 それから営業面の話。この時期なら夏休み講習の目標まで後何人で、今やっている営業活動がどうなっているのかをそれぞれ確認。ここは面白いネタがいっぱいあるので、またいずれ書いてみたいと思います。ちょっとペースが遅い担当者には、ちくっと急がせるように言ったりしつつミーティング終了。

 2時から生徒が来始める4時半までは、校の業務や授業準備をします。校長はやたら提出書類が多いのでそれらを書いたり、入室面談をしたり、営業用のリストの整備やDMを作ったりします。営業電話は本部からお達しが出ていましたが「やった」と報告だけして、最低限しかしていませんでした。だって、お互いイヤでしょ。それでも集まる方法が色々あるんで、得意なことで攻めていました。

 また教務としても仕事があり、テスト作成やチェックなどをやっていたりもします。在校生の成績記録を整理し、保護者懇談にも備える。6月は夏休み講習営業開始+在校生の保護者懇談+中間テスト対策で結構しんどかった記憶があります。

 4時半などあっという間。食事は何とかその前に、外に出て食べていました。コンビ二弁当も多かったです。とにかく塾教師は早食いになりがちです。今も治りません(泣)。

 生徒が来始めると、受付のガラスを開けて生徒がわらわらと質問に来ます。他には通塾指導で外に出たり、自転車を並べるのも仕事です。授業が始まれば教室と事務所を往復しているうちに、あっという間に夜の10時。へとへとです。しかし、長時間授業は小学生と中学生を預かっている宿命。特にテストが近い時の中学生は、親が許す限り残って勉強していきます。それに付き合っていると11時。

 夜は生徒の宿題採点やノートチェック、欠席者の配布物を整理したり、欠席電話を入れます。その後、またアルバイト講師の先生と生徒情報を交換しつつ、深夜になってようやく大好きな国語の勉強や入試問題研究ができるのでした。深夜2時を過ぎて、他の校の先生に電話をかけると深夜なのに律儀に「お電話ありがとうございます!△△塾○○校です」なんて出ます。条件反射?

 そんな1日の中で、私が一番好きだった時間は生徒の通塾時間です。校長の席から見ていると、子どもがどんどん受付の前を挨拶しながら通っていく。他の先生が質問を受けている。時に私が呼ばれる。講師の先生が駆け込んでくる。欠席を知らせる電話が次々と鳴る…忙しいけれど、それまで大人ばかりで静かに業務をしていた校舎に一気に血が通う瞬間。思い出すだけで、体に力が湧いてきます。

 …ここを読んでいる保護者の方にも、「塾ってむっちゃ忙しい」ということを知っておいていただけると助かりますm(__)m 相談の電話や面談依頼は午後3時ごろか夜遅めが、丁寧に対応してもらえるのでお勧めです。 

|

« 読書好き・小説家になりたかった女の子。 | トップページ | 国語読解問題・線引きのツボ(3)~小説編 »

コメント

好きですよ~私も!
忙しいくらいが楽しかったですね。

生徒がゾクゾクとやってきて、
挨拶しながら電話もかかってきつつ
授業準備やいろんな問題解決のために走り回るあの時間は・・
すでにマゾ・・(笑)

今は自宅で個人なので、そういうこともありませんが、
時々なつかしく思い出します。

投稿: くるまき | 2004.06.07 10:09

通りすがりです。
投稿を読んでたら、授業を受けてみたくなりました。
またきます。

投稿: micchi | 2004.06.09 21:04

>くるまきさん

 あの瞬間はたまらないですね。個人的には「夏講最終日・最終授業終了の瞬間」も大好きです(笑)。妙に子供達と一体感がありますね。

>micchiさん

 ありがとうございますm(__)m
 またぜひ覗きにきてくださいね。

投稿: とと | 2004.06.14 03:56

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塾校長の一日。:

« 読書好き・小説家になりたかった女の子。 | トップページ | 国語読解問題・線引きのツボ(3)~小説編 »