« 国語読解問題・線引きのツボ(3)~小説編 | トップページ | ドンキホーテの採用基準。 »

2004.06.14

「くろねこ国語塾」イベント授業

 こうして塾講師としてBlog「くろねこ@国語塾」を書いていると、たくさんのメールをいただきます。「授業を受けたい」「個別指導をしてほしい」「相談に乗ってほしい」…大変ありがたいことですm(__)m 私もこうして自分のノウハウを整理していますと、現場を離れず授業をし続けることの重要性を日々感じます。

 

…ということで、Blogから生まれた「くろねこ国語塾」を実際に始動させたいと思います。
kuroneko_samnail.jpg 「くろねこ国語塾」HP

 

 まずは少しずつイベント授業という形で、実際の保護者の方や子供達に「やる気」「国語が好きになる授業」を届けていこうと思い、準備を進めています。

 

 第1回は、大阪で親子セミナー&小6対象「受験国語のツボ」イベント授業を7月18日(日)に実施することになりました。

 

 詳細は>>http://www.kikaku-ya.net/kuroneko/school.htm

 

 親子セミナーは、2人の講師で実施します。

 

 最初は「子どもの姿勢矯正」のプロに「集中力アップ体操」を伝授してもらいます。私は以前から「子どもの前かがみの姿勢」や「小6になると増えるメガネ率」に、教育現場としての責任を感じると同時に、姿勢と能率や集中力との関係を実感していました。最近、その悩みにぴったりの先生に出会うことができたので、口説いて出てもらうことになりました。お子さんの姿勢が気になる方は、必聴です。

 

 私自身は、進学塾校長や講師としての立場からここでは書きにくい「塾の徹底活用」や家庭学習のコツ、声の掛け方などを「親子で」聞いてもらいたい。「中学受験は一生役立つ」「どうせやるなら悔いの無い受験を」などと、子どものやる気を喚起する話や家庭での取り組みについて話をしたいと思います。

 

 そして、志望校や通っている塾の枠を超えて、とりあえず1回完結の濃~い国語の授業をする予定です。小6限定ですが、塾の予定を1回休んででも(そんなこと言っちゃいけませんが)出る価値のある授業だと自負しています。塾の日曜特訓などは、後で教材をもらって解き、直しをしてわからないところを塾の先生に質問に行けば一度ぐらいは大丈夫です(笑)。「くろねこ国語塾」は第2回はまったく未定ですし、仮に実施したとしても同じ内容ではありません。

 

 病気と闘いタフに生きている、ある著名な方の自伝を教材として使用許可を得ました。「心の教育」と簡単に言いますが、たった一度の国語の授業、それも受験国語の授業でも子どもの心に届く授業は可能だと思っています。

 

 多くの子供達に、出会えることを楽しみにしています。さー、いじわる小テストも用意しよう(笑)。
 

|

« 国語読解問題・線引きのツボ(3)~小説編 | トップページ | ドンキホーテの採用基準。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「くろねこ国語塾」イベント授業:

« 国語読解問題・線引きのツボ(3)~小説編 | トップページ | ドンキホーテの採用基準。 »