« イベント授業のご報告。 | トップページ | 日本の高校生の読解力低下 »

2004.12.04

高校推薦入試・哀歓。

 いつも中学入試寄りに書いていますが、今日は高校入試の推薦について書いた前の文章を掲載します。事情はそれほど大きくは変わっていないようです。文体が違うのは夕刊紙対応なのでご理解を。

==========================

 「高校推薦入試・哀歓」 2001.12 大阪新聞

 12月には学校での3者面談が行われることが多い。この時期は塾の先生も緊張する季節である。なぜなら「A高校に行きたい!」という思い一筋で、学校からの推薦を勝ち取ろうしていた子たちに、学校内予選の結果が下されるからである。

 それぞれの高校から提示された「通知表の平均が5段階評価で4.2以上」「生徒会活動や部活動などで優れていた者」などの基準があり、塾でもそれを把握して毎回の定期テストで叱咤激励し、部活動も最後までやらせたりなどのサポートをする。中学校ごとに与えられている数名の枠に入りこめたら、私立高校はほとんど無試験同様で合格決定である。その後は面接や作文の練習程度で大丈夫、というケースが多い。

 塾には同じ中学校で同じ志望校の子が毎年数名いる。そしてその中学校に与えられたA高校の推薦枠が2名の場合、何とか2人ともこの枠にねじ込みたい。ただ、悲しいかな他にも塾はあり、同じようにがんばらせているわけだからそんなに甘くはない。

 「先生、推薦取れたよ!」という明るい声の電話があったかと思うと、面談当日の夜になってもかかってこない場合もある。恐る恐るかけてみると、案の定推薦が取れずにへこんでいたりする。そんな生徒にいつも言う台詞がある。

もっと勉強せえって誰かが言うてんねん、もうちょっとがんばろな。一般入試まで勉強した方が、高校入ってから困らへんで」

 ここで奮起して一般で受かった子も多い。最初から推薦を考えていない子達より、先に痛い目に会っているので真剣さが違う。

 一方、推薦が取れた子はたいてい思いっきりダラけてくれる。塾も休みがち、冬休み講習にも来ないので利益上も痛い。学校の勉強に重点を置いていたせいもあり、本番の試験に耐える学力も根性も無いまま入学してしまう。入ってから苦労している子も多い。もちろん全員が怠け者になるわけではないのだが、この落差を毎年ひしひしと感じてきただけに推薦制度に疑問を持ってしまう。

 思春期の2ヶ月の価値は大きいはずだ。勉強が本分でありながら、大人の長い休暇ばりにのんべんだらりと生活されると腹が立ってくる。いい生徒を早い段階で取りこんで数を読みたい私立高校サイドの言い分も理解できるが、推薦でもきっちり試験を受けさせ、「落ちるかも」という危険性をはらんでおいてほしい。実際、いくつかそういうスタイルの学校が増えてきてもいる。

 そりゃ、塾の本音はさっさと合格を決める生徒が多い方が他の子に労力が回せて楽なんやけど、推薦を獲得したとたんに態度を変え、追い込みの時期にチャラチャラされるのは我慢ならん!勉強はやってやり過ぎることはないねんで、と高校英語と数学で苦労しただけについ口うるさくなってしまうのだ。


=====================

 高校入試で推薦取れなくても大丈夫。取れたら取れたで真剣に勉強しておいた方がいいよ、という思いをこめて書いた文章です。中学入試でも学校推薦を取り入れるところが出てきましたが、あまり賛成はしないです。

 本番まで、どの学年でも受験生はまだ伸びます。その可能性を摘まないように、推薦制度も見直してほしいと思っています。子どもに楽をさせることばっかり考えてどーすんだ(泣)。

=====================

 ◆現在発売中の「YOMIURI WEEKLY」にコメント寄せてます。
   小6の駆け込み受験についての特集です。

 ◆くろねこ@国語塾:役立つ厳選バックナンバーはこちら
http://www.kikaku-ya.net/kuroneko/study.htm

|

« イベント授業のご報告。 | トップページ | 日本の高校生の読解力低下 »

コメント

私の住むところでは公立でも推薦があり、ひどい(とあえて言いましょう)ところは定員の30%が推薦です。で、まことしやかに言われているのが「推薦で受かった子は高校に入ってから苦労する」。うちの場合(生徒数が大手とは比べようもないのですが)比較的、推薦に受かってもまじめに3月まで勉強していますが、猛勉強しているはずはなく、その差は大きく出るような気がします。

私自身は個人的経験(わが子)から推薦ほどグレーで不公平なものはないと思っています。まず、校内推薦からしてグレーそのものです(怒)。

投稿: serena | 2004.12.04 23:30

>serenaさん

こんにちは。
推薦、やっぱりそうですか。

校内推薦の基準の不明確さ、成績が同列だったときの会議での決め方はほとんど先生の「主観」抜きでは語れないと思うんですよね。

この辺を突いて「好かれる生徒」になるノウハウを駆使して大学入試で家庭教師先の子の推薦を取ったことが何度もありますが、あまりお勧めはできません。

中学生にこういうこと、教えたくはないですね。小学生はもってのほかです。

投稿: とと | 2004.12.09 00:25

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校推薦入試・哀歓。:

« イベント授業のご報告。 | トップページ | 日本の高校生の読解力低下 »