« 漢字学習のツボ~短文で覚えよう | トップページ | 「語句の意味」の教え方。 »

2005.03.19

漢字学習のツボ(2)~でっかく書こう!

 「YOMIURI WEEKLY」の関関同立、京大・東大合格者数へのコメントを一言だけですが寄せています。大阪の公立、がんばってますね。また興味のある方は読んでみてください。

 

==================

 

 前回の漢字学習のフォローです。

 

 私は暗記用に、裏紙の肩をホッチキスで留めたものをたくさん用意していました。これは大学入試の時に単語を覚えるのにも、漢字や年号を覚えるのにも使っていました。

 

 そして書くのはボールペンです。安い3本入ったようなボールペンを買ってきて、がんがん書きます。紙はB4が好きでした。大きな字で細かいハネや形をイメージづける。短文ごと書いてみたり、形を何度も繰り返してみたり。そして新しい紙のところでテストをやってみる。書けなかったら前の練習を見て答え合わせ。また覚えるまで書く。

 

 「目だけで覚えるな!」とよく子どもに言っていましたが、手を動かして覚えることも大事です。その時にうすーいシャープペンシルでノートにちまちまと書いていても覚えにくい。そばにすぐ自分の書いた答えがあるからテストしにくい。

 

 だから大胆に、どーんと大きく書ける、そしてすぐテストができる「裏紙ホッチキス止め/鉛筆かボールペンで書く」というのを推奨していました。

 

 ボールペンや鉛筆を使うのは、“筆圧”で体で字の形を感じながら暗記をするためと“達成感”を得るためです。ぐんぐん減っていく鉛筆やボールペンの芯を見ていると「あー勉強したなぁ」という実感が湧きます。たくさん使った裏紙でも感じます。

 

 卒業生が、一度自分の勉強したボールペンの束を自慢げに見せてくれたことがあります。中学生で、努力の成果がきちんと反映して志望校に通った子でした。「オレの戦いの証し」と言ってました(笑)。

 

 暗記に関しては、「書きなぐって覚える」「テストで確かめる」「暗記ツールに残す」の3つのステップがあると思っています。ドンくさい生徒は「暗記ツール」を先にやってしまい、大変な時間をかけて結局覚えないままテストが来てしまう、なんてこともあります。作っている間に多少覚えることもありますが、「3問ほど書きまくって暗記⇔見ないで書けるか確認」の積み重ねで対策するのもお勧めです。

 

 とにかく「でっかく」書いてみましょう。どうしても覚えられない字は短文ごとB41枚に大きく書き、トイレなどに貼るのもお勧めです。

|

« 漢字学習のツボ~短文で覚えよう | トップページ | 「語句の意味」の教え方。 »

コメント

個別塾の講師をしています。
私は生徒に「20回練習」か「自分でテストして間違いを練習してまたテストを繰り返す」かを選ばせています。
もちろん全員後者。(笑)
自分で選んだ責任もあるのかきちんとやってきます。毎週行う小テストも3回目には8割以上がとれるようになり生徒も喜んでいます。

最近読んだ『子どもの脳を伸ばす法』にも「心をこめた(つまり丁寧な)練習」の大切さがあり、漢字直しノートの効果と結びつくものでした。

私が困っているのは実は漢字よりも語句の意味です。
設問「具体的に答えなさい」の「具体的」がわかっていないこともしばしばです。
線を引かせ、その場で説明もしますがなかなか定着しません。
そこで語句ノートなるものを作って来週から実践する予定ですが、他にも良い指導方法がありましたらアドバイスをお願いします。

また、イベント授業は講師(親ではない)も参加できるのでしょうか。


投稿: ya | 2005.03.24 13:01

>yaさん

コメントありがとうございます。

>設問「具体的に答えなさい」の「具体的」がわかっていないこともしばしばです。

そうですね。この辺りは講師研修なんかでもうるさく言っていました。子どもは設問の意味そのものがわかってないことが多いです。

>そこで語句ノートなるものを作って来週から実践する予定ですが、他にも良い指導方法がありましたらアドバイスをお願いします。

基本はその「語句ノート」でいいと思います。内容や教え方の参考になるかと思って少し書きましたので、次の投稿を参考にしていただければ幸いですm(__)m

>また、イベント授業は講師(親ではない)も参加できるのでしょうか。

ネットで活動されている方などにはネタ出しになってしまうのでためらう部分もありますが、基本的に国語教育に対して真摯に取り組もうという方であれば歓迎です。参加費は普通にいただきますが(笑)。

投稿: とと | 2005.03.24 19:23

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢字学習のツボ(2)~でっかく書こう!:

« 漢字学習のツボ~短文で覚えよう | トップページ | 「語句の意味」の教え方。 »