« 塾教師の観る「女王の教室」 | トップページ | 思考を止めるな »

2005.10.02

現場に復帰。

 「最後の授業」というタイトルの日記を書いたのは昨年の3月です。辞めた理由は遠方だったことと事業が忙しくなり、両立が難しくなったためです。あれから1年半、外部スタッフを雇ったりシステム化したりといった経営上の工夫をしたことで「週に1~2度、近くであれば」授業ができる状態になりました。そうは言ってもそんなワガママな条件が通るはずも無く、諦めていましたが9月から奇跡的に近くに新設校が出来て、中1・中2の国語を教えることになりました。

 

 旧姓の名札。
 誰も私のことを知らない塾。
 人通りの多い道で「お出迎え」もする。

 

 やる以上は1から勉強し直しです。特に古典は4年ぶり。

 

 相棒も復活です。よろしくな。

 

aibou

 

 

 

 

 初回の授業はまだ人数が少ないせいもあり、緊張感があります。この塾のシステムでやたらめったら小テストがあるので追われがちですが、早くペースを掴みたいです……と優等生なことを考えた瞬間に「あー先生、テスト対策が始まるので通常授業ストップで、テスト対策よろしく」うぅ…忘れてた、中学生を教えると「テスト対策授業」があるんだった。しかも新設校なので資料が無い。さーどうしようか。

 

 校長時代に対策授業の時間割作成だけで、徹夜をしていた悪夢が蘇ります。しかも生徒数少ないのに教科書が違う。プリント作り、想像するだけで憂鬱です。いくらカリキュラムやシステムが出来てる塾でも、テスト対策はどこも現場頼りだなぁと実感しました。どうやら授業以外の日も出ないと準備が難しそうです。

 

 それでも、授業はいいですね。

 

 ホワイトボードだったのだけがガッカリでしたが(大の黒板好き)、子どものリアルな反応は何冊も本を読むより勉強になりました。ここは塾に差し支えない程度に、気楽に続けていこうと思います。

 

 

=========================

 

 〔本日の会話〕

 

私「古典の中に『在家人』は『出家していない人』ってあるけど、まずは『出家する』って意味わかるかな?」

 

生徒「…家を出て1人で暮らすこと?

 

私「うーん、そう来たか。えーっと昔の人はツライことがあると坊さんになったり尼さんになったりして、俗世…つまり今の私たちみたいな普通の生活を捨てて、お寺に入って修行する人がたくさんおったんよ。今の生活を捨てて仏教の世界に入ることが『出家』。その反対で入ってない人が『在家人』。ここでの『家』ってのは自宅とか家庭という意味ではなくて『俗世間』の意味だと思っといて。古典ではよく出てくるから覚えとこな」

 

子どもの解釈で行くと「在家人」=「ひきこもり」「ニート」みたいなもんなんだろうか。 
 

 

========================

 

◆くろねこ@国語塾:役立つ厳選バックナンバーはこちら
http://www.kikaku-ya.net/kuroneko/study.htm

 

にほんブログ村 教育ブログへ

 

|

« 塾教師の観る「女王の教室」 | トップページ | 思考を止めるな »

コメント

いよいよ国語の授業が始まるんですね
楽しみにしていますよ^^

投稿: 涼人君 | 2005.10.03 15:43

 はじめまして。学習塾講師のブログ通信Sachi-netのSachiと申します。

 とても素晴らしいブログで感激しています。これから出来る限り時間をとって、一つ一つ読ませていただきたく思ってます。

 僕も国語教育には関心が強く、先生のような方のブログを読めることが大変嬉しいです。
 僕の方は若造ですが、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
 ありがとうございました。

投稿: Sachi(学習塾講師のブログ通信Sachi-net) | 2005.10.05 01:43

 何度もすいません。Sachi-netのSachi再びです。

 当ブログにリンク貼らせて頂きたいと思います。問題がございましたら、お手数ですがご連絡の程お願い申し上げます。

投稿: Sachi(学習塾講師のブログ通信Sachi-net) | 2005.10.05 01:47

涼人君さま
>楽しみにしていますよ^^

ぼちぼちがんばります(^o^)丿

sachiさま

感想ありがとうございます。リンクもオッケーです。気になる内容があれば、質問なども歓迎です。若い先生が、教育という仕事を楽しんでいるのは本当に嬉しいです。

私も改めて初心に帰って、あのころのただひたすら「わかってほしい」と思って教えていた気持ちを取り戻したいと思っています。

これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: クロネコとと | 2005.10.07 01:47

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現場に復帰。:

« 塾教師の観る「女王の教室」 | トップページ | 思考を止めるな »