« いろいろとご報告。 | トップページ | 「一流校」ってナニ? »

2006.06.12

私立中高一貫・卒業生との会話

またご無沙汰してしまいましたm(__)m

前回の記事で「昔の生徒へ」呼びかけるメッセージを書いたところ、7年前の生徒からメールをもらいました。F君というのですが、彼は小学校5年~6年の夏まで私の指導を受けて転勤で東京に引越し、都内の男子進学校に合格した生徒です。

メールの中に、今年の大学受験で第一志望に受からなかったこと、そして受かっていた大学もいい大学ではあり周りの薦めはあったけれど、どうしても納得がいかなかったため浪人していることが書いてありました。

私の彼の印象は、おもろいこと大好きな小学生男子に過ぎず、周りに流されない意志を持ったタイプには見えませんでした。そりゃそうだ、たったの12歳だもの(笑)。

今は19歳。1ヶ月ほど前に東京出張の機会に会ってきました。本人の了承を得ていますので、その時の話をまとめてみたいと思います。


===================

私「私立でそこそこの進学校やけど、塾に行ってる子っていた?」

F「高2まではあまりいないんですが、デキるヤツは高3ぐらいから塾や予備校に行ってました。学校も補習はありましたし、面倒見はよかったと思います」


私「でも、中でも意欲のある子と無い子の差は6年間で開いていくでしょ」

F「そうですねー…仲良かった友達で退学した子もいたし、2極化は高校生になるぐらいから明らかに始まってきています」

私「君はどうやったん(笑)」
F「えーっと、ちょっと不真面目なところもあり…でも成績は一応気にしてました(笑)」


私「友達には恵まれたみたいやね」
F「ずーっと男ばっかりなのもあるし、面白いヤツが多い。賢い子が多いので、入ってから自分がぼやぁっと生きていたことを思い知らされました…後は、個性的な先生も多かったです」


私「私立って受験日程の変化に影響されて、学年によってムラがあると思うねんけど、中にいてどうやった?」

F「あー、ありますね。レベルに差ができるというか、トラブルの量に差がある気がします。でもそれって『学年主任』の力が大きいと思ってました」

私「そんなに影響力あるの?」

F「あります。たとえば、ある学年の学年主任やったら何とか更正して学校に残してやりたいと思う生徒でも、他の学年主任はばっさり退学にすることがある。生徒から観ている印象なんでわからない部分もありますが、生徒に熱い先生が主任かどうかで学年全体のムードに影響があると思います」

私「塾の先生は入試担当ぐらいにしか会わないから、そういう生徒がリアルに感じている空気ってわからないんだよね」

F「デキるヤツなんかは、あまり影響受けないですけど、学校に入れば何とかなると思ってる子には辛いかも」

私「ところで、君は浪人してるワケなんだけど(笑)。私から見たら、十分ええ大学やと思うねん。何で行かんかったの?」

F「たまたま試験の前に、僕が東京に行く前に先生がノートに書いてくれた言葉が出てきたんです。『あーもっと勉強しといたらよかった…って試験会場で思う入試は最低や!やりきって“後悔しない”受験をしろ!』みたいな言葉。それ読んだとき、中学受験の時は『やりきった!』と思えたけど、今回はそうじゃないなぁと思ってたら…案の定、落ちました。まだ全力じゃなかったんで、必死でやります。学部もこの機会に考え直しています」

私「そうか…それにしても、Fがこんなにしっかり『自分の意志』と言葉を持っているとは…お父さんやお母さんに特に反抗もしないで『ハゲネタ』で授業中ゲラゲラ笑ってただけやったのに(涙)。きっと、いい6年間やったんやね」

F「はい。出会いと『考える力』をもらった気がします」

私「ちょっと話しているだけでそれは十分わかるよ。私が今、教師モードじゃないから。でも最後に、今度は後悔しない受験をよろしく(笑)」

F「がんばります!」


===================


 最近、学校評価のお仕事をよくいただくのですが「現役合格率」などの数字では絶対に現れない、生の教育の成果を感じました。彼自身の素直な資質がプラスに働いた面もあったと思います。思春期の7年間の重みを感じた再会でした。


 余談ながら、彼は古いロックが好きということで妙に話が合ってしまい(私も夫の影響でロック好き)、当時ビシバシ叱ってた生徒と趣味の話で情報交換できる日が来るとは思っていませんでした。年を取るのも悪くないものです。


=========================

 〔元・生徒との会話〕

私 「私な、君たちを教えていたころに寝坊して日曜日の朝に塾を開けられへんかったこと、今でも夢に見て冷や汗出るねん」

F「めっちゃ覚えてる!」

私「うわぁ、覚えてんねや…あれ1回だけやねん、ほんまに。慌てて原チャ飛ばしていって、塾の前にたまってる君たちの姿を見た瞬間、まだ忘れられへん」

F「あれ、先生って事故で遅れたって話やったけど」

私「ごめん…事故じゃなく寝坊……」

F「それはひどい(笑)」

私の塾校長時代・最大の失敗を覚えている貴重な生徒の1人でした。
そして未だに、私は朝が苦手です…。

========================

◆くろねこ@国語塾:役立つ厳選バックナンバーはこちら
http://www.kikaku-ya.net/kuroneko/study.htm


にほんブログ村 教育ブログへ

|

« いろいろとご報告。 | トップページ | 「一流校」ってナニ? »

コメント

とと先生、ご無沙汰しております。
体験授業に参加させていただいた長男も6年となり
いよいよ受験がせまってきました。
長男もF君のように「やりきった」感を持ってくれるような
受験ができたら嬉しいです。
その後は、F君のように自分の足で歩き始めてくれたら
言う事ないです。

そうそう、昨日買ったアエラのwith kidsで
思いがけず先生のお名前を見て嬉しかったです。

投稿: ymd@名古屋 | 2006.06.12 20:47

ymdさん、ご無沙汰しています。
いよいよですね!

そうは言ってもまだ先があるので、あまり模試の結果に一喜一憂せずに腰を据えてトレーニングを積んでくださいね。

>その後は、F君のように自分の足で歩き始めてくれたら
言う事ないです。

受験を通して、またその結果を通じて成長することの方が、目先の合否よりずっと大事だと思います。

>そうそう、昨日買ったアエラのwith kidsで
思いがけず先生のお名前を見て嬉しかったです。

私ももう出てたのをコメントで知ってびっくりです(笑)。
コメント、ありがとうございましたm(__)m


投稿: クロネコとと | 2006.06.16 00:55

 私はこればかりは「めぐりあわせ」としか思えないんですよね 
 人気校や受験校でも「担任」や「学年主任」は絶対選べませんし、たまたまそういうのにあう「確率」が高いか低いかなだけで 汗
 ただ、ととさんのblogを見ていて思うのは
「見ている子供は見ている」
これに尽きるかと。私も教室の「何で真面目に勉強してんの?」
って雰囲気がイヤで自分から前の方の席座ってましたが、やはりそういう「感覚」の子はそういう風に思うもんなんですね
 そこら辺ってのは「感性」の問題なのか「教育」なのか「躾」の問題なのか・・・ どう思われますか?
 管理人さんの率直なお話楽しみにしております

投稿: やす | 2006.06.17 00:36

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私立中高一貫・卒業生との会話:

» 教育を受けさせる義務 [七田式で右脳開発!!]
親が子供に教育を受けさせる義務というのは、おそらく戦前、家庭の都合で学校に行くより働かされた子供がいたからだと思う。いまでも、世界中でざらにあることで、しかし、悲しいことでもある。ところで現代の日本。の我が家。... [続きを読む]

受信: 2006.06.23 02:52

« いろいろとご報告。 | トップページ | 「一流校」ってナニ? »