« 最近の活動。 | トップページ | 受験で得たもの。 »

2006.12.25

塾不要論?

教育再生会議でメンバーが「塾は不要!」と言ったそうな。

 

http://www.asahi.com/national/update/1223/TKY200612230248.html

 

今、ちょうど学校の先生たちと一緒に講座を受けています。

 

今日は明るくて素敵な小学校の先生と一緒に組むワークがあり、そのついでに互いの立場や生徒の様子について、情報交換をしました。

 

お互い、知らないことも多過ぎるし、現場の形はそれぞれです。
子どもたちを包み込むような、複数の人による教育の形があってもいいのになぁ、と思いました。

 

 

さて、この発言をした野依先生は、灘中高を「塾なしで入って卒業した」稀な天才の部類に入ります。
(そりゃノーベル賞学者だもの)

 

 

しかし、灘中に入るのに、塾に行かない子はほとんどいません。
灘中に「公立小学校が教える範囲とレベルで、問題を作ってください」とお願いしてくださいよ、先生。

 

 

たまたま、教育カウンセリングを塾に応用する前に必要な「塾教師の役割」について文章をまとめました。帰宅したら掲載しようと思っています。

 

 

この件に関するアイデアとしては、勝谷さんのコラムの「教育の民営化」が新しい提案のように思います。教育のプロをシャッフルして、チーム医療ならぬ「チーム教育」の時代になってもいいはずです。

 

今日お話をした先生は「私は学校で『勉強のテクニックや知識は塾でも教えてくれるかもしれないけど、“心”は学校でしか教えられない』って言ってます。…気を悪くしないでくださいね」と言われました。でも、本音が聞けるのは嬉しいものです。「色んな立場の生徒がいるからこそ、できること」とも述べていて、そういう心意気がある先生がいるんだ、と思うと安心する。

 

 

私は私で「学校で基本的な学習習慣やしつけができてないと、塾に来られても困るんです」と本音をぶつける。でもそれって本当は家庭の環境も大事よねぇ、と議論を深めていくと、互いの「すべきこと」が見えてきます。

 

 

 私は「知の扉」を開いて豊かな学問の世界に導いてやるのは、時間に余裕がある学校の仕事だと信じていました。過去形なのは、現状は「ゆとり教育で時間がない」「履修漏れ問題」のせいで学校の役割を、私自身が不安視しているためです。こんな時だからこそ、地域ごとで教育関係者が連携すべきです。

 

 

 「塾=悪」は相変わらず、お年寄りの方には根強いイメージのようですが、今のところ、塾が無いと困る生徒がいます。そして業界が1つ消失しますから、当然、経済・労働問題にも発展します。

 

 …… 

 

 理解してほしいなぁ(ため息)。

 


 
 

 

|

« 最近の活動。 | トップページ | 受験で得たもの。 »

コメント

記事と関係のないコメントで大変失礼かと思いましたが、コメントさせて頂きたいと思います。

つい最近、塾で講師を始めたものです。教え方に迷いがあり、何か参考になるものはないかと、検索していたところ、ここにたどりつきました。

参考になることが多く、励みになりました。

ちなみに、クロネコは、計4匹くらい飼ったことがあります。

投稿: ぐうたら三昧 | 2006.12.27 21:55

おめでとさん
野依教授のこの発言読みましたよ

名選手名監督ならず

とっさに浮かんだのがこの言葉でした(笑)

投稿: 涼人君 | 2007.01.04 16:07

ぐうたら三昧さん

お返事遅くなりましたm(__)m

>つい最近、塾で講師を始めたものです。教え方に迷いがあり、何か参考になるものはないかと、検索していたところ、ここにたどりつきました。

何か具体的に悩みがあれば、ぜひコメントでもご相談ください。お役に立てるかもしれません。

私は教師になりたての頃、レベルの低い生徒のクラスを押さえるのにホントに悩みました。

>ちなみに、クロネコは、計4匹くらい飼ったことがあります

うらやましー
テレビで黒猫が映るたび、嘆いています(笑)

またお気軽にコメントください。

投稿: クロネコとと | 2007.01.22 03:13

涼人君さん

遅ればせながら、おめでとうございますm(__)m

>名選手名監督ならず
>とっさに浮かんだのがこの言葉でした(笑)

まさにその通りですねー
「老害」って言葉が浮かんだ私はひねくれものですね(反省)。

投稿: クロネコとと | 2007.01.22 03:15

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塾不要論?:

« 最近の活動。 | トップページ | 受験で得たもの。 »